三位一体主日・聖霊降臨後第1主日

武藤謙一主教による巡杖があり、午前は鹿児島復活教会で、午後は星塚敬愛園の恵生教会で聖餐式が行われました。
恵生教会の礼拝には、鹿児島復活教会からの13名の信徒を含む23人が参加しました。礼拝後は武藤主教を囲み、いつもながらにぎやかな茶話会となりました。

なお、恵生教会の信徒の方が、7月8日(日)13時30分より国立ハンセン病資料館で開催される「古典・民謡コンサート」に「星塚三線同好会」として参加されるとのことでした。
同資料館春季企画展「この場所を照らすメロディ ーハンセン病療養所の音楽活動ー」の一環として開催されるものです。

http://www.hansen-dis.jp/02exb/exhibition#futai


2018年7月8日(日)13時30分開演1階 映像ホール