大斎節第3主日

やや寒くなりましたが晴天に恵まれ、大斎節第3主日の聖餐式が行われました。教会の隣の公園の桜は蕾がまだ硬い中、一、二輪ほどですが、可憐な花を咲かせていました。

午後は「大斎節の学び」として、先日放送された『こころの時代~宗教・人生~「終わりなき“平和への巡礼”」』の録画を観ました。植松誠主教のアメリカ留学中の元日本軍捕虜米兵との出会いやパプア・ニューギニア訪問、日韓関係やパレスチナでのエピソードを通じて、和解や赦しを考え、人と人との交流の大切さのメッセージを受けました。もう10回以上、録画を観直している人もいるとのことでした。