復活日

イースターおめでとうございます。

鹿児島は快晴の中で、復活日の礼拝と祝会が行われました。

礼拝には50人近くの人が参加し、子供たちの姿も目立ちました。中島司祭による礼拝の説教では、まず子供たちに向けて、イエス様の受難と復活の物語の絵本をテレビに映しながら読まれました。

次にルカによる福音書の受難と復活の箇所を振り返った後、復活教会のステンドグラスがマタイによる福音書28章を元に、イエス様の復活とローマの兵隊の恐れおののく姿を描いたものであるとの解説がありました。このステンドグラスは120年前に南アイルランドのコーク教区のマロー・ユニオン教会を飾っていたもので、「主イエスの復活」を表わしています。 

礼拝の中でイースター・エッグの祝別の祈りがあり、卵は祝会で配られました。

祝会では女性部手作りのお弁当を楽しんだ後、子供たちによる歌やダンスがあり、あっという間にお開きになりました。