復活節第4主日

5月12日は復活節第4主日の聖餐式が行われました。この日は「母の日」。礼拝堂はピンクのカーネーションと赤いバラで彩られました。中島司祭の説教では、冒頭、「母の日」の由来について触れ、詩人サトウハチローの詩「ちいさい母のうた」が紹介されました。 

 

「ちいさい母のうた」

ちいさい ちいさい人でした
ほんとに ちいさい母でした
それより ちいさいボクでした
おつぱいのんでる ボクでした
かいぐり かいぐり とつとのめ
おつむてんてん いないいないバア

本日の愛餐会のメニューは野菜カレーでした。

教会のバラの花が最盛期を迎え、信徒の方々へにお分けしています。赤いバラがお似合いです。